とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。DIY・節約・ミニマリストのあれこれ。

断捨離して良かったもの②ジーンズ

20代地味系OLのミニマリストが、捨てて良かったものや持たない選択をしたものを語ります。

2回目の今回はジーンズ(ジーパン)です。1足は持っていて当たり前という印象のあるジーンズ。ミニマリストの方のブログでも素敵に着こなしている方をたくさん見かけます。大変憧れる一方、私は着る機会がなく着こなすことも難しかった、そんなもの語りです。

f:id:toutsuki:20180823234835j:image

 GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集

 

 

  

私とジーンズの歴史

前回のサンダル同様、幼い頃から持っていることが当たり前の存在でした。多いときは2~3本、デニムスカートなんかを合わせればもっと持っていたかもしれません。

幼い頃はいわゆる「汚れてもいい格好」の代表で、遠足や校外学習、絵の具を使うときの定番。中学では足の太さがコンプレックスだった私にとって、とりあえず履いておけば誤魔化せるという私服の定番でした。

高校大学では足の太さに諦めがつき、私服がスカート化します。ジーンズは私服としてはあまり着なくなりましたが、「活動着」「汚れてもいい格好」の定番としては健在で、必ず1本は持っていました。「ちょっと良いデニムが欲しい」なんて思ってリーバイスで買ったこともあります。一番安い1万円ちょっとのものですが。

 

社会人とジーンズ

就職して、服の系統に強いこだわりのなかった私は仕事服≒私服となります。いくら服装規定がゆるいとはいえ、さすがに会社にジーンズはNG。会社に履いていくのはきれいめクロップドパンツなどになっていきます。

私服としても、校外学習やら文化祭やらで絵具を使う機会もなくなり「汚れてもいい格好」が必要とされる機会もほぼなくなりました。私服≒仕事服では厳しい場面でも、たとえばジョギング→ジーンズでは走らない、山登り(ハイキング)→ジーンズでは登らない(生地が固くて歩きづらく、吸水すると重いので不向きだそう)となかなかジーンズを着用する機会がないのです

また、ジーンズって洗濯が大変ですよね。生地が厚いから全然乾かない。ユニクロのドライ系パンツの方がよっぽど梅雨も安心です。それから冬は意外と寒い。特に自転車、庭仕事では寒風を通すのでめちゃめちゃ寒いです。スカート+厚手のタイツの方が暖かいこともありますし、ユニクロの暖パンの方がよっぽど…。

あと断捨離してから知ったのですが、私の骨格タイプはおそらくウェーブです。自己判断ですが手も上半身も薄いし、鎖骨はくっきりしているし、下半身太りの短足。そんなウェーブタイプの苦手な素材「デニム」…。そもそもいつもかなりの裾上げが必要、アンクルパンツはフルレングスになる短足なので、ズボンがあまり似合わないんですよね。高校大学でスカート派に転向したのはいっそ脚出した方がマシだと気づいたからでした。

 

ジーンズ、やめました

以上のように

  • 職場に履いていけない
  • 活動的な場面でも実は履きづらい
  • 乾きづらい、冬は意外と寒いと機能面△
  • 骨格診断ウェーブ&短足で似合わない 

といった理由により、私はジーンズを持つことをやめました。

 

ジーンズをやめてよかったこと

  • タンスにスペースができる

生地が厚いジーンズは、それだけで結構スペースをとっていました。変わりによく履くスカートなどを入れるスペースとなりました。

  • 代わりに乾きやすいパンツ&活動着用の暖パンを購入

なかなか着ないとはいえ手持ち服の1つ。全体数が増えすぎると管理困難なので、あまり類似品を買い足すことはしたくありませんでした。ジーンズを手放すことで代わりの暖パンを買い足す余裕ができ、冬の外出・庭仕事が快適になりました。夏は仕事用パンツで代用できていますし、不便さは感じていません。

  • ジーンズの履けない自分に落ち込まなくてよい

一番大きかったのはこれです。私は手持ち服になかなか着ない服があることにストレスを感じます。着ない服がタンスの片隅にあると責められているような気持ちになるんですね。そしてあまり着たくなくても「最近これ着てないな…今度着なくちゃ」「そのままだと微妙だから履きたくないけどロールアップすればマシになるかな…」などと、服に着られているような生活になってしまう。ジーンズを手放したことでそのストレスがひとつ減りました!素敵なジーンズを使った素敵な装いは似合う方にお任せして、私は私なりの似合う服・好きな服を着れば良いかと思えました。

 

まとめ

ジーンズをずっと所有していたのは「1本は持っていて当たり前」「汚れてもいい格好が必要」という固定観念から。格好よく着こなすことに憧れもあります。でも上記のように私にとっては問題点ばかりですし何より似合わない。

そもそも「汚れてもいい格好・活動的な格好=ジーパン」というのも固定観念ですよね、別にチノパンでもジャージでもいいんです。

「持っていて当たり前」を改めて考えると、実はそうでもなかったことって多いと思います。もしジーンズについて「1本は持っていないと!」と思っている方がいらっしゃったら、今一度考えてみてもいいかと思います。

お読みくださりありがとうございました。