とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。ゆるミニマリストな生活と、DIYと節約。ときどきガーデニングと高尾山。

秋は着る服がない

所有する服は少ないものの、いつもは不便なく暮らしています。が、いつも秋だけは「着る服がない…!」と思ってしまいます。寒さが苦手な話。
f:id:toutsuki:20191021200221j:image

 

 

寒くなりかけの秋が苦手

みなさま秋は好きですか?猛暑が過ぎ去り、食べ物がおいしく、紅葉の美しい季節。でも私は秋が少し苦手です。理由は寒くなっていく季節だから。

昔から暑さより寒さの方が嫌いでした。桁外れの猛暑が続く昨今は、あまり暑い方が好きと言える環境でもなくなってきましたが…。でもやっぱり、寒いのは嫌い。

夏からの急な温度変化、寒さに不慣れな状態での冷え込み。それなのに着込むと暑いという微妙な気温によって「いったい何を着たらいいの!?」「ちょうど良い服がない!」と思ってしまうのです。

 

短い秋のために服を買えない

じゃあちょうど良い服を探して買えばいいんじゃない?とも思うのですが、秋ってすぐ終わりますよね。短い季節にちょうど良い服というのは、なかなか購入する機会がありません。

「短期間しか着ないのに勿体ない」という気持ちもありますが、物を買うのに吟味しまくる性格故「迷ってたら冬になってた」ということも多々。最近は「どうせすぐ冬になるんだから、服がない状態にちょっとだけ耐えよう」と諦めてしまうことが多いですね…。

そして「ちょうど良い服がない」状態が続くのです。

 

薄手の長袖が似合わない(と思う)

秋にちょうど良い服が増えない理由として、薄手の長袖が似合わないという自己分析もあります。シンプルで飾り気の少ない服が好きなのですが、シンプルな長袖を着ると…なんだか貧相な感じに…。シンプルな半袖はまだサマになるのですが、長袖は…。

ひらひらきらきら飾り過多の服は趣味じゃないですし、いま流行っている袖コンシャスな服はカーディガンを合わせづらいので却下。

苦手な種類の服なので、ますます買う気が起こらず、「着る服がない」状態になっていきます。

 

買わなくても捨ててしまう

おまけに最近は、「なんとかなるっしょ」と代わりを買わないまま、服を処分してしまうんですね…。または先シーズン「今年で終わりにしよう」と処分したまま、新しいものを買わずに今シーズンを迎えたとか。

今年は特に秋服が少ない気がする…と思って振り返れば、あの紺色トップスも、あの黄土色七分セーターも処分したんだったと思い至りました。そして代わりは買っていない。そりゃ昨年比で足りないし、寒いわけだ。

 

それでも何とかなる

着る服がない秋ですが、「最近はどうせすぐ冬になるからと諦めて耐える」と書いたとおり、それでもなんとかなっています。

この季節に着ているのは、苦手ながらもマシなものを見つけて着ている薄手の長袖3着がメインです。綿のシャツと、ネイビーのシフォンシャツと、水色シフォンブラウス。少し雨が続くと会社に着ていく服がなくなる数です。

f:id:toutsuki:20191021200221j:plain

薄手の長袖3着

ただし、メインのラインナップが少ないとはいえ、それなりに対応はできています。例えば、普段は織物として使っているクルーネックカーディガンは、前を留めればトップスとして着られます。

f:id:toutsuki:20191018195534j:plain

今日トップスとして着たカーディガン

絶対にカーディガンを脱がないものとして半袖+カーディガンでもいいです。寒いのは主に屋外なので、通勤時だけジャケット+マフラーぐるぐる巻きにすれば、職場では半袖+カーディガンでもなんとかなるはず…なんて。

 

おわりに

「秋は着る服がない」と毎年言っています。寒いし、けど着込むと暑いし、そもそもシンプルな長袖似合わないし。でも秋はあっという間に終わるので、やっぱり今年も何も買わずに、冬へと向かうのかなぁと思います。

何とかなっているうちはいいかな!と思いながら過ごしていきます。…でもやっぱり寒いから、ちょっと探してみようかなぁ。

 

更新履歴

2019.10.21 アイキャッチ画像を変更