とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。ゆるミニマリストな生活と、DIYと節約。ときどきガーデニングと高尾山。

青山フラワーマーケットのスタンプカードが終了

久しぶりに青山フラワーマーケットを訪れたら、紙製スタンプカードは廃止されたとのこと…!これからはアプリでポイントを貯める形式になるらしいです。旧スタンプカードを割引券として使用してキッチンブーケを買いました。

f:id:toutsuki:20190921232634j:image

 

 

青山フラワーマーケットとは

首都圏を中心に展開するおしゃれで都会的なお花屋さんです。

「Living With Flowers Every Day」をコンセプトに、花や緑に囲まれた心ゆたかなライフスタイルを提案するフラワーショップです。日本国内外に約100店舗と、オンラインショップはPCとスマートフォンから24時間ご注文いただけます。

青山フラワーマーケット|全国の店舗情報 | 花屋 |花・花束・フラワーギフト | フラワーショップ

青山フラワーマーケットには、540円ごとに1つスタンプを押してもらえるスタンプカードがありました。30スタンプ貯まると540円分の割引として使えるのです。母へのプレゼント、自室に飾るため…一時期よく利用していた私は、スタンプカードも所持していました。ただ最近はあまり訪れなくなったので「スタンプを貯め切ったら割引してもらい、その後は新しいカードは作らないでおこう」と検討。

f:id:toutsuki:20190921234333j:image

2月に家族宛のブーケを購入し、29個目のスタンプをゲットし、残り1つで満杯になる状態で半年が経過しました。

 

スタンプカードへの押印は終了!

週末「今回でやっとスタンプカードが満杯になるぞー!」と青山フラワーマーケットを訪れました。自室に飾るためのキッチンブーケ(540円)と共にレジに出したところ「こちらのスタンプカードは終了しております」…え。

即座に「これまで貯めたポイントはどうなるの!?」と思いましたが、店員さんより「貯めたポイントに応じて割引が出来ますが、今回割引しますか?」とのお言葉が。スタンプが無駄にならなくて済みそうでほっとしつつ「お願いします」とお返事。

 

旧スタンプカードは2020年3月末まで利用可能

割引額を計算して下さっている間にレジ横のポップを見ると、たしかにスタンプカード終了に関する告知がありました。

  • スタンプカードへの押印は2019年3月末で終了
  • これまで貯めたスタンプは、スタンプ1つにつき18円(税込)の割引
  • スタンプカードが割引券として使えるのは2020年3月末まで

押印終了から割引券として使える期間が1年間あるのはいいですね。お花って記念日しか買わない人も多いでしょうし、何ヵ月かだけだと使えない人がいそうです。かく言う私も、2月から半年以上購入していないのですから…。

そしてスタンプ1個につき18円引きというのもいいです。もともと「30スタンプで540円分の割引」してもらえるカードだったので

  540円÷30スタンプ=18円

と、1スタンプあたり18円の価値があったんですね。こういうサービス終了に伴う使い切りってちょっとレートが下がったりすることもあるので…きっちりもともとの価値を引き継いでいるのはよいと思います。

 

29スタンプ分の割引でブーケを購入

それにしても1スタンプ18円引きとすると、残り1つで満杯になる状態まで貯めた私はいくら割引になるのかなーと思っていたら…「お待たせしました。お会計は18円です」。わお。

そうか、29スタンプ×18円=522円引きになるから、540円のキッチンブーケを買おうとするとたった18円でいいのね。…なんて家で電卓とともにブログを書いていると冷静に言えますが、当時店先では「えっ?18円??大丈夫かそんなに安くていいのか!?」と脳内であわあわしていました。10円玉2枚でブーケが買えた…。

18円で購入したミニブーケがこちらです。

f:id:toutsuki:20190921232634j:image

ふわふわした野の花感。こういったTheブーケ☆ではない、自然な感じのブーケが楽しめるのが青山フラワーマーケットのいいところだと思います。お花はスカビオサ、リンドウ、スターチスユーカリくらいでしょうか。

 

新旧ポイント制度のまとめ

スタンプカードが終了する代わりに、アプリによる新しいポイント制度が始まるそうです。公式サイトはこちら。

関連サイト:

www.aoyamaflowermarket.com

 

新しいポイントの説明はあるものの、旧スタンプカードとの比較がなかったので作ってみました。旧スタンプカードの特徴は私が記憶しているベースなので、実態と異なっていたら申し訳ないです…。

f:id:toutsuki:20190922000912j:plain

良くなったのは1ポイントずつ使えるところですね!スタンプを30個貯めるのはかなりしんどかったです。

また100円単位で貯まるのも◎です。これまで利用額が800円でも500円でも1スタンプなのは端数分存しているようで悲しかったので。

ただ割引額のレートは下がりました。旧スタンプカードならスタンプ30個分=16200円を利用したら540円引きでしたが、新ポイント制度では16200円(2019年10月1日以降16500円)利用しても162円か150円くらいしか割引になりません…。

「購入額の1%が貯まる」のはよく利用するスーパーやドラッグストアなら貯まりやすいですが、お花屋さんではなかなかそんなに貯まらないですよね…。

 

今後ポイント制度は利用しない予定

f:id:toutsuki:20190921232735j:image

旧スタンプカードを割引券として使い切った私としては、今後は青山フラワーマーケットのポイント制度は利用しないつもりです。

理由としては、まず冒頭の通り、もともと利用頻度が低くて今のスタンプカードを割引券として使ったらやめようと思っていたこと。加えて、新しいポイント制度になるということで調べてみたら割引率がだだ下がりしていて魅力を感じなかったこと。違うお花屋さんも利用したいですし、青山フラワーマーケットだけにこだわる必要もないかな、と思っています。

 

ただグラスブーケやキッチンブーケといったミニサイズのお得でおしゃれなブーケの存在や、他のお店よりグリーンの種類が豊富なこと、お花のレイアウトや店頭の黒板使いも含めたお店の空気感は大好きなので、今後もお店自体は利用していくと思います。

最近途絶えがちでしたが、花のある生活を続けて行きたいです。