とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。ゆるミニマリストな生活と、DIYと節約。ときどきガーデニングと高尾山。

フルーツジュース+麦茶

ファミリーマートのフルーツミックスジュースが美味しい。麦茶と合わせた「フルーツムギチャ」も美味しい。

f:id:toutsuki:20190814203307j:image

 

 

普段は白湯

職場で普段飲んでいるのは「白湯」です。フロアの隅に給茶機があり、熱湯と冷水が出るので、同量ずつ混ぜて「ぬるめのお湯」として愛飲しています。

特に夏場は冷房で身体が冷えるので、温かい飲み物は大切。冷えてきたな~というとき、いつもより熱めの白湯を飲むと、身体の奥からじんわ~と暖まっておすすめです。

 

たまにジュース

さて、普段は白湯、甘いものが飲みたいときは溶かすタイプのミルクティーを楽しんでいますが、たまに違うものが飲みたくなります。

どーしても「さっぱりとした甘さのものが飲みたい!」となったとき、コンビニでフルーツジュースを購入します。たまの贅沢万歳!(^^)

そんなときよく購入するのが冒頭の写真。ファミリーマートのフルーツミックス。

もも・りんご・パイナップルに乳をブレンドしたこだわりのフルーツミックスです。丁寧に手摘みした3種類の果実と北海道産牛乳が織りなすやさしい味わいです。 手摘み果実を使用した フルーツミックス |商品情報|ファミリーマート

フルーツの甘酸っぱさと、ヨーグルトのようなまろやかな酸味がとても美味しいのです。しかも税込100円とお安い。

 

ジュース+麦茶

ただし、もともとあまりジュースを飲まない私。500mlは結構多くて、日差しの下でごくごく飲むならまだしも、冷房の効いた職場で普段はちびちび飲んでいると、味に変化が欲しくなってきます。

そんなときにいいのが麦茶。先ほど書いた「熱湯と冷水の出る給茶機」は麦茶も出るんです。そしてこの麦茶とフルーツジュースを合わせたフルーツ麦茶がとても美味しい。

作り方は簡単で、麦茶をカップ2/3くらいに注いで、残りにジュースを注ぐだけ。お好みで分量を変えればフルーツ感が増して甘くなったり、お茶っぽくなったり。色々変わって楽しい&おいしい✨

 

「麦茶にジュースを混ぜるの…?」と感じる方もいると思いますが、紅茶で作るフルーツティーとそんなに変わりません。また居酒屋メニューの「ピーチウーロン」や「カシスウーロン」を思い出してもらえると、「甘いフルーツ+何らかのお茶」はすっきり美味しいことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

前にモモジュース(ネクターだったかな?)と麦茶を混ぜたときは、「ピーチウーロン」ならぬ「ピーチムギチャ」として売れるんじゃないかと思いました。

 

砂糖と麦茶も◎

ちなみに、時たま話題になる「麦茶に砂糖」も美味しいですよ!

幼い頃は砂糖なんて入れたことはなく、初めて聞いたときは「え、麦茶に…砂糖…?」でしたが。半信半疑で飲んでみたところ、普通に美味しい。例の麦茶が出る職場の給茶機で、紅茶のように楽しんでいます。

ノーカフェインでお茶を楽しめるので、寝る前にもいいなぁなんて思っています。

 

おわりに

話が逸れましたが、フルーツジュースは甘くてさっぱりしたものを飲みたいときに最適です。毎日飲むには甘すぎるので、たまの贅沢ということで。

甘すぎるorお茶好きな方にはお茶に入れるのもおすすめ。麦茶に入れるのも美味しくておすすめですよ!水分補給が大切な夏の時期、良かったら試してみて下さい。