とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。ゆるミニマリストな生活と、DIYと節約。ときどきガーデニングと高尾山。

【高尾山】6号路登り~水と木陰のコース~

高尾山のコースレビュー第三弾。今回は夏でも涼しい水と木陰の6号路(登り)についてまとめていきます。登ったのは2019年7月13日です。

f:id:toutsuki:20190715225828j:image

 

 

6号路とは

登りの場合、ケーブルカー清滝駅の左側へ進んで登るルートです。

高尾山にはたくさんの登山道がありますが、このうち駅前の登山口から頂上まで登れるルートです。(登山口から頂上まで登れないコースというのは、山の中腹からスタートする3号路や4号路、同じくらいの標高を周回する2号路や5号路です)

道幅は全体的に狭いのですれ違いに注意。新緑のGWと紅葉の11月は登り一方通行になります。その時期に行きたい場合は、公式サイトを要チェックです。

2019年GWの一方通行お知らせ:

mttakaomagazine.com

「頂上まで自分の足で登りたい、かつ舗装路ではなく土の道を行きたい」という人はこの6号路か、稲荷山コースを登る人が多いんじゃないかな。登山ガチ勢の方と高尾山に登った時は、6号路か稲荷山コースを行ったので。

靴は登山靴がおすすめですが、もしスニーカーで行くなら水の染み込まないものじゃないと困ると思います。後で書きますが、全体的に水っぽいのと、最後の方で沢を渡るので、キャンバス地のスニーカーは厳しいです。

高尾マガジン 6号路:

mttakaomagazine.com

 

6号路を歩いてみます

まず、京王線高尾山口駅を降りて右手に進み、ケーブルカー清滝駅方面へ向かいます(1号路、稲荷山などと同じ)。

f:id:toutsuki:20190715212839j:image
そして清滝駅の左側の舗装路へ進みます。

f:id:toutsuki:20190715212819j:image
f:id:toutsuki:20190715212804j:image

すぐに稲荷山コースへの登山口が見えますがスルーして、さらに道沿いに進みます。途中にお地蔵様がたくさん。

f:id:toutsuki:20190715212652j:image

川沿いに舗装路を進みます。

f:id:toutsuki:20190715212714j:image
しばらく歩くと、左手に登山口があらわれます。(※まっすぐ進むと東京高尾病院の前を通る別の道になります)

f:id:toutsuki:20190715225858j:image

看板もあるので、間違うことはないでしょう。

f:id:toutsuki:20190715213013j:image

錫杖形の像には「高尾山琵琶滝水行道場」の文字が書かれています。

f:id:toutsuki:20190715212908j:plain

ちなみにこれからの季節(8月中旬~9月中旬)には、タマアジサイがたくさん咲くのだと思います。7月中旬のいまは1株だけ開花。白と薄紫の花が爽やかですよね。つぼみは丸々とした球状です。

f:id:toutsuki:20190715213040j:image

f:id:toutsuki:20190715212103j:plain

小川沿いに石混じりの道を進みます。

f:id:toutsuki:20190715213107j:image

コケもたくさん。

f:id:toutsuki:20190715213123j:image

右手にお地蔵様。調べたら弘法大師の伝説がある「岩屋大師」だそうです(高尾マガジン6号路より)。

f:id:toutsuki:20190715213144j:image

もう少し歩くと分岐点。6号路は左手に進みます。

f:id:toutsuki:20190715213234j:image
が、右手に進んですぐのところに「びわ滝」があるので、多くの方がこちらに寄ってから6号路に行くみたいです。今回も寄ってみます。

f:id:toutsuki:20190715213259j:image

おおー。写真だと小さく見えますが、近くだと結構ザァァーッという音がして迫力がありますよ。

ちなみにこの祠の脇の階段を登って進むと「琵琶滝コース」という別の登山道になります。

f:id:toutsuki:20190715213444j:image
1号路途中の霞台園地(ケーブルカーの高尾山駅=標高が高い方の駅の近く)に出るのですが、「岩混じりの急登」「上級者向けのコース」などと書かれているコース。今回は6号路なので引き返します~。

再び分岐まで戻って

f:id:toutsuki:20190715213234j:plain

6号路を進みます。

f:id:toutsuki:20190715230131j:image

途中ベンチのある小さな広場もあります。

f:id:toutsuki:20190715230115j:image
画面奥に小川が流れています。この沢には入ることができて、実際に入って遊んでいる子供やカップルもいました。

結構道が細い。

f:id:toutsuki:20190715230159j:image

大山橋。ベンチもあります。ここで6号路の2/3くらい。

f:id:toutsuki:20190715230217j:image

足元が水っぽかったり、細い道で木の根を越して行ったりするので、少なくともスニーカー必須だと思います。バレエシューズで歩いていた女の子は大丈夫だったのかな…。

f:id:toutsuki:20190715230238j:image

メインイベント、飛び石を歩く直前に分岐点。橋を渡って左手に進むと稲荷山コースに抜けます。6号路は直進。私が訪れた時は看板もありました。

f:id:toutsuki:20190715230254j:image

f:id:toutsuki:20190715230308j:image

直進すると飛び石で川の中を歩きます。ただ降りてきた人とすれ違う時など、一旦下に降りることもあったので、やっぱり染みない靴じゃないと困ると思います。

f:id:toutsuki:20190715230333j:image

f:id:toutsuki:20190715230348j:image

しばらくなだらかな道を行った後に階段。延々と続きます。6号路を歩いたのは初めてではないのですが、こんなに階段あったっけ???と思うほど階段。

f:id:toutsuki:20190715230412j:image
6号路は沢沿いに低いところを進むので、最後に一気に標高を稼ぐために階段を登るのでしょう…。雨上がりの今回は地面がぬかるんでいて、そういった意味でもしんどかったです。

f:id:toutsuki:20190715230428j:image

階段を登ると広場があり、その先に標識があります。

f:id:toutsuki:20190715230447j:image

標識の通り、ここで6号路はおしまい。ここからは山頂方面に行きたいので、5号路(高尾山山頂方面)に合流します。

f:id:toutsuki:20190715230508j:image

舗装路をえんやこらと登っていくと、1号路にある大きなトイレに着きます。ここで1号路に合流(今回写真が撮れなかったので、前回6月のものを流用。)。

f:id:toutsuki:20190627135219j:plain

左手の登り坂を進みます(この写真も前回6月分。前回は雨がやばかった)

f:id:toutsuki:20190627135850j:plain

そして頂上へ到着です!

f:id:toutsuki:20190715230548j:image

 

6号路の特徴

沢沿いをゆく

f:id:toutsuki:20190715230625j:image
小川に沿って歩く水の多いコースです。滝を見ることが出来たり、沢に降りることが出来たり、川の中を飛び石で進んだりと、水に触れる機会も多く楽しいコースだと思います。小川のせせらぎを聞いて進めるのも気持ちがいい。登山道にも水が流れたり、染み出したりしている箇所が多いので、やっぱり靴選びは重要だと思います。

水辺の植物と苔

f:id:toutsuki:20190715212440j:plain

沢沿いということで、植物も水辺や湿った土地に生えるものが多いのだと思います。6号路ならではの植物が色々あるんじゃないかな。それから今回気付いたのですが、苔も綺麗でした。写真がうまく撮れなかったのが残念ですが…苔好きの方は6号路は楽しいかもしれませんね。

水と木陰で涼しい

f:id:toutsuki:20190715230159j:image

上記のような水が多いことと、木が生い茂っていて木陰が多いことから、夏も比較的涼しいコースだと思います。でも秋に下りで利用した時も楽しかったので、もちろん夏以外も楽しめますが。

道が狭い・人が多い

全体的に道が狭いです。その割に、やはり人気のコースだからか人が多い。ときどき行列で進んでいるような時がありました。広場で抜かしてもらったり、逆に抜いたりすれば、前後に人がいない時も多々ありましたが。1号路のように人が多いから楽しいコースもありますが、このコースはあんまり騒がしいと楽しめないかも。時間帯を早くするなど、できるだけ静かに楽しめる方法を探した方がいいかもしれません。

 

6号路まとめ

f:id:toutsuki:20190715232921j:image

  • 登山口からほぼ頂上までのコース、ケーブルカー清滝駅の左側へ進む
  • 沢沿いを進む「水のコース」、見どころも多々あり楽しい
  • 木陰が多くて夏も比較的涼しい
  • 水辺や湿地に生える植物あり
  • 道が狭いのですれ違い注意、
  • 5月と11月の一部時期は登り一方通行注意

 

終わりに

今回は6号路登りのコースレビューをまとめてみました。個人的には(最後の階段さえなければ)とても好きなコースです。夏になると登りたくなります。

今度は8月上旬にタマアジサイを見に行くとして…。お花見シーズンや紅葉シーズンの6号路って行ったことがないので、そのあたりも朝早くを狙って登ってみたいです!

 

関連記事:その他の高尾山レビュー

t-memo.hatenablog.com

t-memo.hatenablog.com