とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。ミニマリスト・DIY・園芸・お得情報のあれこれ。

梅雨の草刈り

先週末もどんよりとした天気でしたね。いつになったら青空の下をお出掛けできるのでしょうか…。不安定な天気とはいえ雨の降っていない時間の長かった土曜日、庭仕事に精を出しました。

f:id:toutsuki:20190708173541j:image

 

 

雨続きで植木屋さんが来れない

我が家には庭があります。…庭と言っても空き地をちょっと良くしたような土地ですが。実家暮らしの私はその一画を耕して、小さな花壇を作ってガーデニングを楽しんでいます。

f:id:toutsuki:20190708174250j:plain

ブルーサルビア。奥の白っぽい葉はヤブラン

f:id:toutsuki:20190708174306j:plain

ポーチュラカ

母も一画でガーデニングをしていますが、その他の部分は手つかずです。昔は家族全員で雑草取りをしていたのですが、歳を取った両親とフルタイムOLには狭い庭とは言え管理が困難。そのため近年は植木屋さんに機械でバーッと草刈りをお願いしています。夏だけ1ヵ月半に1回草刈り、たまに植木の剪定。

ところが、最近の雨続きで植木屋さんが全然来れません。母が「また来てくださいね」と電話しても「予定しておきます」と言われるだけで、どれくらいに来れそうかも言ってくれないのだとか。たぶん、ずっと雨続きで、うちの前にも何件も依頼があって、いつ行けるかもわからないのでしょう。

でも、梅雨時とあって雑草は元気。膝丈はとうに越したササ、ドクダミヤブガラシなどが生い茂っています。自分の花壇は綺麗にしているとは言え、窓から見える部分が雑草だらけなのは気になる。あと盛りを過ぎ色褪せたアジサイがボロボロになっているのが気になる。でも草刈りがいつ来るのか全くわからない…。

 

草刈りに励む

そんなわけで、自分の花壇以外も草刈りを頑張ってみました。

雑草取り、大変ではありますが嫌いじゃありません。ミニマリストの方ならわかるかと思いますが、黙々といらないものを分別する時は熱中しますし、不用品をゴミ袋にごそっと捨てる時は爽快ですよね。散らかっていた部屋がすっきり片付いた時の達成感もくせになります。

雑草取りも同じで、黙々とドクダミを抜いたりササを切り落としたりする作業に熱中し、ゴミ袋を満杯にしては爽快感を味わい、すっきりした庭を振り返っては達成感を感じています。あきらかにいらないものを、黙々と捨てていくのがいいのかもしれません。

 

今回の成果

冒頭にも載せた通り、今回の成果がこちら。

f:id:toutsuki:20190708173541j:image

45Lゴミ袋で2袋分です!奥側が雑草各種を刈ったもの。手前側がアジサイを剪定したもの。

雑草は母の花壇と、窓から見える部分を頑張りました。母は苗を植えるのと水やりはするのですが、雑草を抜くことはあまりしません。草が生い茂り、どれが花なんだかわからなくなっていたのでお手伝い。窓から見える部分はほんの一部だけで、本当はもっとやりたかった…。

f:id:toutsuki:20190708173843j:image

手前側のアジサイは、色褪せたアジサイが自室から見えるのがどーーしても気になって。植木屋さんを待てればやってくれるのでしょうが、待てない。枝がゴミ袋を突き破ると困るので、かなり細分化しました。アジサイはbeforeの写真は撮っていないのですが、afterがこちら。

f:id:toutsuki:20190708173944j:image

めちゃくちゃ切り詰めました。アジサイは「花の咲いているところから2~3つ下の節を切ると花芽が付いていい」とか聞くのですが、そんな切り方をしていてはどんどん巨大化していきます。来年花が咲かなくてもいい!!くらいの気持ちでざくざく切りました。結果的に、去年はそうやって切っても、今年咲きましたし。

計2時間ぶっ続け、普段は頑張っても45Lゴミ袋に0.7袋くらいのところ、2袋分頑張りました!

 

翌日、足・腰・腕にきます

やりきった!と楽しいだけではないのが庭仕事で、翌日かならず筋肉痛になります。しゃがむ姿勢が多いですし、うちの庭ってほぼ斜面なので始終踏ん張っているんですよね。太ももとふくらはぎが筋肉痛、あと腰を痛めます。笑

今回はハサミでササやアジサイを切り落とす作業が多かったためか、右腕の筋肉痛?痛み?も出ました。これを書いている今(日曜夜)も、投稿のため訂正している今(月曜夕方)もサロンパスを貼っています…。

今週末は3連休。晴れたらまずはハイキングに行きたいところですが、その後も晴れたら、あるいはハイキングに行くには微妙だけど何とか天気がもつなら、まだ草が生い茂った状態の庭を(腕を痛めすぎない範囲で)攻略していきたいと思います。