とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。ミニマリスト・DIY・園芸・お得情報のあれこれ。

【高尾山】3号路登り~雨の高尾山に行ってきました②~

高尾山のコースレビュー第二弾。先週土曜日に登った高尾山は、金比羅台コース→1号路経由→3号路で登りました。今回は森の中をゆく3号路(登り)についてまとめます。

f:id:toutsuki:20190627122503j:plain

 

 

 

3号路とは

登りの場合、薬王院の山門である浄心門の左側から入るルートです。

高尾山にはたくさんの登山道があり、最初はすべて駅前の登山口から頂上まで登れるものだと思っていました。しかしそれは間違いで、正しくは別のルートの途中から登り始めるものや、同じくらいの標高を周回するものもあります。

今回説明する3号路も、別のルートの途中から登り始めるものです。駅前の登山口から1号路を登ってきて、その途中にある浄心門という門の左手から始まります。そこからほぼ頂上まで登り、5号路に合流して、再び1号路に復帰して、頂上に至ります。山の中腹からほぼ頂上までルートということですね。

f:id:toutsuki:20190627221938j:image

浄心門はケーブルカーやリフトを降りてから少し行ったところにあるので、ケーブルカーかリフトを利用→3号路で頂上へ、の登り方も可能です。1号路より山っぽい道を歩きたい人におすすめかと思います。

ただし完全舗装路の1号路と違って山道なので、それなりにちゃんとした格好・装備が必要です!(※めっちゃ軽装で登っている人もいますが、私は軽装で大丈夫とは言えません)

高尾マガジン 3号路:

mttakaomagazine.com

 

3号路を歩いてみます

まず1号路を登ります。すべて徒歩で登っても、ケーブルカーやリフトを使ってもOKです。眺望の良い広場を抜け、さる園やタコ杉といった観光スポットを通りすぎると見えてくるのが浄心門。

f:id:toutsuki:20190627122422j:image

この浄心門のすぐ左側に、3号路の入口があります。近付くとこんな看板もあるのでわかりやすいと思います。

f:id:toutsuki:20190627122452j:image

「足下注意!!この先は登山者向けのコースです」の貼り紙。1号路から軽装のまま入ってしまわないようにの注意書きなんでしょうね。

f:id:toutsuki:20190627122503j:image

頂上へ向かうコースですが、一旦階段で少し下ります。すぐに分かれ道となるのですが、標識通りに3号路方向へ進みます。

それからしばらくはこんな感じの平らな道。ずーっとなだらかな道を行き、最後にぐっと急になって標高を稼ぐのがこのルートです。

f:id:toutsuki:20190627122604j:image

ずーっとなだらかなんですが、写真の通り自分の左側はずーっと崖です。整備された道とはいえ登山道。気を付けて進みます。

f:id:toutsuki:20190627122710j:image

最後の方はこんな階段もたくさん。最後の最後で息が切れる~。

f:id:toutsuki:20190627133536j:image

f:id:toutsuki:20190627133556j:image

そんなこんなでこの標識に辿り着きます。写真中央の上り坂を登っていきます。写真上では見切れていますが右側には下り坂。これは薬王院の大本坊わきから伸びる「富士道」です。富士道が3号路に合流する場所なんですね。

f:id:toutsuki:20190627134953j:image

しばらくするとこんな標識に出会います。ここまでが3号路!ここからは標識の「5号路(山頂方面)」へ進んで、5号路に合流します。

f:id:toutsuki:20190627135320j:image

5号路を進むと山頂近くの大きなトイレに突き当たります。ここで1号路に合流。

f:id:toutsuki:20190627135219j:image

山頂方面へ~。

f:id:toutsuki:20190627135850j:image

山頂に到着です!トイレの写真あたりでお気付きの方もいるかもしれませんが、当時は大雨でした。土砂降りです。

f:id:toutsuki:20190627170132j:image

もちろん景色は雲がもくもく。何も見えない!

f:id:toutsuki:20190627170242j:image

 

3号路の特徴

森の中を進む

雨の日に行ってしまったので、全体的に薄暗くどんよりとしたルートに見えますし、公式サイトにも「薄暗い感じがする」と書かれています。が、個人的にはそんなに薄暗くは感じません。むしろ前回4月に登った時は「明るい森の中」という印象を抱きました。ずっと森の中なので見晴らしはよくありませんし、もちろん緑が生い茂っているのですが、結構日が差す場所もあります。小さな谷を渡るための木道が何ヵ所かあったり、最後の上り以外はアップダウンも少なかったり、森の中のハイキングを楽しめるルートです。

花がたくさん

それから花を探すのが楽しいルートです。

f:id:toutsuki:20190627173315j:plain

ガクウツギじゃないかと思うけど自信なし

f:id:toutsuki:20190627173342j:plain

これもウツギの一種?木道に散る花

f:id:toutsuki:20190627173407j:plain

今回見たいと思っていたギンリョウソウ!

以下は4月に行った時のもの

f:id:toutsuki:20190627173541j:plain

シャガの花。4月頃高尾山いっぱいに咲きます

f:id:toutsuki:20190627173715j:plain

スミレもたくさんありました

f:id:toutsuki:20190627173626j:plain

花ではないですが、木道の写真を発見

足元に目を凝らすと楽しかった6月、4月の3号路です。他の季節はどうなんだろう!

人が少なめ

1号路の途中から行けるのに、人は少なめの印象。勝手な想像ですが、1号路の途中から登りたい人は、もうひとつの4号路の方へ行くからかな…?なんて思います。

4号路は浄心門の右脇から頂上へ向かうルートで、立ち位置的には3号路と同じ。ただし4号路にはみやま橋という吊り橋があって、これが観光名所っぽくなっているんですね。1号路からちょっと別のルートにチャレンジしたい人は4号路へ行っちゃうのかな…と。で、もっと山歩きを楽しみたい人は、駅前から頂上までずっと山道の6号路や稲荷山コースへ行っちゃうとか。3号路、穴場なのかもしれません。

 

3号路のまとめ

f:id:toutsuki:20190627221756j:image

  • 山の中腹から頂上までのコース、浄心門の左脇から登る。
  • 全体的にアップダウンが少ないけど、油断すると最後の上りは大変。
  • 左側がずっと崖。歩きやすい道だけど気を付ける。
  • 足元に花がたくさん。開けた日向も、木々に囲まれた日陰もあるから、色んな花があるのかな?
  • 色んな木もあって見上げるのも楽しい。
  • 人が少な目なので、静かに歩きたい人にいいかも。
  • ときどき上から下から別ルートの人達の声が聞こえるのが面白い(1号路と6号路かな)

 

終わりに~雨と山登り~

ということで、高尾山の3号路を登った感じをまとめてみました。登るのは2回目ですが、色々な花を見ながら楽しめました。

なお、今回は本当は4号路に行くつもりでした。ただ、入口すぐの標識で土砂崩れが起きていることを知り、3号路へ変更したのです。

f:id:toutsuki:20190627175411j:image

後から調べたら、6月15日付でビジターセンターよりお知らせが出ていました。

登山道の土砂崩れ注意 – 東京都 高尾ビジターセンター

事前の調査不足を反省。他の山に行くなら事前に色々調べたでしょうが、高尾山だからと油断していたところがありました。観光スポットの高尾山とはいえ、登山道を歩く山登り。事前に登るルートに問題はないかなど、きちんと調べてから行くべきだった、と改めて気付きました。

それから、今回は事前の天気予報は曇り~小雨だったのですが、行ってみると一時的に土砂降りにもなりました。天気予報から楽観視しすぎない大切さを知ったり、初めてレインウェアを着てその防水性に感動したり、雨の中歩くと濡れなくても疲れるとわかったり。雨ならではの気付きがたくさんありました。

ルートを変えたことにより3号路でたくさんの花を楽しめた部分もありますが…。事前準備を怠らず、安全第一で山登りに臨みたいと思った今回の高尾山でした。

 

関連記事 3号路に入る前の金比羅台コース: 

t-memo.hatenablog.com