とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。ミニマリスト・DIY・園芸・お得情報のあれこれ。

手紙グッズを減量中

手紙が好き。手紙グッズも好きで、山のように持っていた便箋、封筒、ポストカード…。社会人になって少しずつ減らしてきた手紙グッズの話。
f:id:toutsuki:20190529221446j:image

 

 

 

手紙グッズが大好き

昔から手紙を書くことが好きでした。そして便箋や封筒といった手紙グッズも大好き。特に学生時代は可愛いものを見つけるたびに買い集めていました。

よくある便箋10枚+封筒5枚セットで400円に始まり、100均でおしゃれなレターセットを探したり、ハンズメッセのセールを見たり…。最盛期は便箋50枚+封筒25枚でいくら、といったものもよく買っていました。切手を貼って出す手紙だけでなく、学校で手渡しする手紙も流行っていて、いくらでも使えたんですよね。

 

たくさんの手紙グッズを前に

そうして増えに増えた手紙関連グッズ。しかし大学生の頃、たくさんの在庫があるのに購入したフェリシモの「全部柄の違う200枚便箋+50枚封筒のセット」を抱えて気づきました。「こんなに手紙書かないぞ」と。

確かに手紙を書くことは好きですが、一気に封筒を50枚も買うほど書くのでしょうか。それまでの在庫もあるのに。もちろん一生かければ書くでしょうが、それにしたってそんなに一気にはいらない。

「今あるものを工夫しながら使って、山のような在庫を少なくしていこう」と思いました。

 

手紙グッズを減らしながら

出来るだけ新しいものは買わず、手紙を書く際にはたくさんある在庫から選んで使っていきました。減らそうと思い始めた大学生の頃は、たくさん手紙を書いていたので、結構いいペースで減っていきました。そして「新しいものを買わずに在庫から使っていく」ことで、在庫が少なくなること以外にも楽しみや気づきがありました。 

・工夫して組み合わせる楽しさ

それまで封筒と便箋をセットで購入していたこともあり、最初はお揃いの組み合わせで書いていました。しかし次第に、便箋だけ、封筒だけ、の存在も目立つように。

そんな時は、できるだけ似通った封筒を探したり、イラストを描いたり、同じシールを便箋と封筒に貼ったり…。「お揃いっぽさ」を考えながら、工夫していったところ、この工夫がめちゃくちゃ楽しい!色々な選択肢の中から、それっぽくするのは楽しく、うまくいった時はテンション上がります。

「便箋や封筒の数が少なくなっても、こうやって考えながら柄選びを楽しめるのだな」と気付きました。

楽しみかたをまとめた関連記事:

t-memo.hatenablog.com

 

・好みは変わるもの

学生時代に買い集めた手紙グッズのほとんどが便箋と封筒のレターセット。1通に便箋4~5枚分書くこともあった中高生の頃を考えると、以前は手紙といえば封書でした。しかし、社会人になるとポストカードを使う機会がぐんと増えました。

私の思う理由は主に2つ。1つ目は手紙に書く話題が減って葉書で事足りるようになったこと。学生時代は学園祭、体育祭、テストに部活とイベントが盛りだくさんで、話題はたくさんありました。社会人になると手紙で共有できるような話題は…。会えば仕事の話もしますが、プライベートな手紙に書ける話は少ないです。書きたいことが葉書におさまるようになってきました。

2つ目は、葉書の方が書くのも読むのも楽なこと。封書はある程度腰を据えて書いたり、読んだりする必要があります。バタバタしがちな社会人には難しく、筆無精になってしまったり、せっかく貰った手紙の封を開けないまましばらく放置したり…。葉書ならさらっと書けますし、読めます。

そんなこんなで、以前より封書を利用する機会は減りました。年齢と共にデザインの趣味が変わることは予想していましたが、まさか環境の変化から好みの形式が封書から葉書へシフトするなんて思っていませんでした。もし「手紙と言えば封書」と以前のペースで便箋と封筒を買っていたら…。本当に一生使い切れない在庫になっていたかもしれません。

  

それでも購入するもの

出来るだけ新しい手紙グッズは買わないようにしています。しかし、今でも時々購入しているものがあります。

・季節もの

春の始めに桜の封筒、暑くなってきた頃にひまわりのポストカード…そういった季節の便りが大好きです。季節に合った柄のもの、特にその時期ならではの花柄のものを購入することがあります。
f:id:toutsuki:20190529221528j:image

とはいっても、すでに桜のポストカードは持っていますし、今の季節はここぞとばかりに手持ちの芍薬柄の便箋を使っています。すべての季節を揃えるのではなく、その季節にぴったりの手持ちがある場合はそれを使う、という形でいいかなと思っています。そして、合うものがない時期は無難な柄(水玉や星柄)を使ったり、その季節らしいイラストを添えれば十分かな、と思う最近です。

 

・ポストカード

「社会人になって葉書を書く機会が増えた」と書きました。そのため、かわいいポストカードを購入することがあります。ただ昔とは選び方が違っていて、自分の好きなデザインか?だけでなく、送りやすい柄か?を吟味して購入するようにしています。

例えば、美術館のポストカード。気に入った作品のポストカードを買うのは、自分にとっては思い出にもなり良いと思います。ただそのカードを贈ることを考えたとき、作品のことを何も知らない相手に送っても喜ばれるものか?と考えると…。万人受けしそうなかわいいイラストが描かれていたり、送る季節が明確だったり(桜、紫陽花、紅葉、クリスマスツリー…)するものが送りやすくて良いです◎

f:id:toutsuki:20190529221542j:image

あとポストカードは部屋に飾れるのもポイントが高いですね。クリスマスにクリスマスカードを飾っていたように、いつも何らかのカードを飾っています。

関連記事:

t-memo.hatenablog.com

 

おわりに

出来るだけ買い足さずに在庫を使っていくことで、少しずつ手紙グッズは減ってきています。

可愛らしい紙である以上、いくらたくさんあっても、そのままゴミ箱へ放ることはできません…。普段使いのメモ帳とした便箋はあるものの、きちんと使いながら減らしていきたいと思っています。

現状は手紙を楽しみながら減らせているので、これからもこのペースで在庫を調整していきたいと思います。