とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。ゆるミニマリストな生活と、DIYと節約。ときどきガーデニングと高尾山。

ウルトラライトダウンを自宅で手洗い

愛用しているユニクロの「ウルトラライトダウン」。クリーニングに出すと高いので、去年は自宅で手洗いしました。上手くいったので今年も手洗いに再挑戦、その方法をまとめました。

f:id:toutsuki:20190325185512j:image

 

 

 

ダウンをクリーニングに出す理由

コートを洗うとなれば、基本的にはクリーニングです。ただ、ダウンコートのクリーニング代は非常に高額。

コート自体が高額ならそれでもいいのですが、私が洗いたいのはユニクロのウルトラライトダウン。クリーニングに3回出したら本体価格に追い付きそうです。

そもそも、なぜダウンはクリーニングに出す必要があるのでしょうか。ネットで調べてみると、ダウンを自宅で洗いにくい理由は大きく分けて二つありそうでした。

①しぼんでしまう

ダウンは中に入っている羽毛のふわっと感でふっくらしています。この羽毛が、洗剤によって油分が取れたり、中でダマになったりすることにより、ダウン自体がぺしゃりとしぼんでしまう危険性があるようでした。

②生地が裂けてしまう

ダウンは羽毛を外の生地で包んでいます。洗濯機に入れてどこかに引っ掛かるなどすることで、この生地が裂けて羽毛が飛び散ってしまう可能性もあるようでした。

他の衣類を洗濯するときには気にかけない「膨らます」という作業と、一度やってしまったら修復が困難な「生地が裂けないよう」気を付けることが必要。このため、ダウンは自宅で洗濯するよりも、クリーニングに出されるのかなと思いました。

 

ダウンを自宅で洗うには?

ただしダウン、特にウルトラライトダウンを自宅で洗濯することは可能で、ネット上では結構多くの方がやっているようでした。

昨年手洗いを実践したときに、特に参考にさせて頂いたサイトはこちらです。

www.o-sentaku.net

↑宅配クリーニングをなさっている方がまとめています。注意点がわかりやすくまとまっていておすすめです◎

tosuya1048.com

↑手洗いではなく洗濯機、かつ普通の洗剤で洗っています。流れと文章がおもしろく、読み物としても楽しいです♪

 

そして、実はユニクロのサイトでも手洗いの方法を説明しているんです。手洗いは公式公認??これは今年見つけました。ユニクロとしては、洗濯表示通り「洗濯機の使用は不可」という考えなんですねー。

www.uniqlo.com

 

これらのサイトから、先ほどのダウンを洗いにくい2点については、

  • しぼんでしまう

→中性洗剤を使用する、干す前によく叩いて羽毛がダマになるのを防止、(ユニクロは推奨していないが)乾燥機に短時間掛けるとふわふわになる!

  • 生地が裂けでしまう

→洗う時にはファスナー等をしっかり閉める、乾燥機に入れる場合は洗濯ネットに入れる

ということがわかりました。これらに気を付ければ、自宅でも洗濯できそうだとわかります。

 

今回洗いたいダウン

自宅で洗いたいダウンはこちらです。

f:id:toutsuki:20190325180943j:image

2017年に購入したネイビーのウルトラライトダウン。今シーズンは昨年11月頃から着ています。高尾山などへのハイキング、ガーデニング、もちろん真冬は街中でも着ていました。全体的にも汚れていそうですが、今回は特に襟首の汚れが気になります。

f:id:toutsuki:20190325181005j:image

写真で見えますでしょうか。首周りだけ変に黒いんです…。本当は1~2月頃に一度洗いたかったのですが、なかなかやる気が出ず、3月になってしまいました。

ガーデニングやハイキングでまた着るかもしれませんが、とても気になるので一旦洗うことにしました。

 

自宅で手洗い~実践編~

①予洗い

まずは汚れの気になる部分を先に洗います。今回は襟首周りですね。

f:id:toutsuki:20190325181034j:image

本当は本洗いで使用した中性洗剤がいいのでしょうが…。汚れが頑固そうだったので、家にあった襟汚れ専用の洗剤で10分付け置きし、その後がしがし洗ってみました。

 

②本洗いとすすぎ

次に本洗いです。洗面台に水を張ります。これは洗面器やキッチンのシンクでも構いません。尖っていてダウンの生地を裂いてしまいそうな箇所が無いかだけ要注意です。

そして中性洗剤を規定量入れます。今回は普段から使用しているエマールを使いました。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エマール リフレッシュグリーンの香り 本体(500mL)【エマール】
価格:348円(税込、送料別) (2019/3/25時点)

自宅で手洗いするセーター、スカート、ジャケット、マフラー等は何でもこれで洗っています。ふわっと仕上がるのと、キツすぎない優しい匂いがお気に入りです。我が家のエマールの裏面を見ると液性は「中性」、用途は「毛、絹、綿、麻、合成繊維用」とのこと。

f:id:toutsuki:20190325181146j:image

 (余談:うちのエマールの容器って旧世代だったんですね…。記事を書くにあたり調べていたら、「容器のデザインが全然違うww」と面白かったです。このぽってり丸い昔のフォルムも好きですが…デザインは断然今の方がいいですね。中身は詰め替えタイプでちゃんと新しいから良しとします)
f:id:toutsuki:20190325191325j:image

 

さて、いよいよダウンを投入します。ファスナーなどを閉めた状態で、水の上へ。

f:id:toutsuki:20190325181256j:image

最初はご覧の通り浮きます。さすが羽毛です。沈めるように、空気を抜くように、ぐっぐっと押しこんでいくと…。

f:id:toutsuki:20190325181309j:image

次第に沈んでぺしゃんこになります。この状態から手洗いし、水と洗剤が十分なじんだかな、と思ったら水を変えながらすすぎに入ります。

すすぎは3~4回水を変えて行い、絞った時に洗剤が出なくなってきたら完了です。

f:id:toutsuki:20190325181329j:image

しっかり絞ったら、ウィンドウブレーカーのようにぺしゃんこになりました。

 

③洗濯機で脱水

手でぎゅっと絞るだけでも良いかと思いますが、早くしっかり乾かしたいので、洗濯機でさっと脱水しました。

脱水するときはまず、ファスナー各種をしっかり閉めます。これが開いていると、洗濯機の中で回っているときに自分の生地を裂いてしまうかもしれないので…。

f:id:toutsuki:20190325181357j:image

次に洗濯ネットに入れて洗濯機のなかへ。一番短い3分脱水にしました。

f:id:toutsuki:20190325181416j:image

できるだけぴったりサイズの洗濯ネットがいいと思います。ダウンがネットのなかで暴れないので、より生地が裂けにくくなると思います。今回は水に沈める前のダウンを基準に選んでしまったので、水を吸ってぺしゃんこになったダウンを入れるとすかすかですね。

 

④叩いてから天日干し

これが洗った直後のダウンです。本当ウィンドウブレーカーみたいな薄さですよね。

f:id:toutsuki:20190325181644j:image

羽毛がダマにならないよう、

  • シャツの皺を伸ばすときのように振りさばく
  • ハンガーに掛けた状態で生地を叩く

といった作業を行いました。どれくらいやったらいいかわからなかったので、結構しっかりやりました。5分くらい?でもそんなにやらなくていいと思います。身頃だけでなく、腕や首周りもしっかり叩きました。

その後半日ほど太陽の下で干したダウンはこんな感じ。

f:id:toutsuki:20190325181712j:image

しっかり叩いたためか特に薄っぺらくなったという印象は受けませんでした。ちゃんとダウンって感じ。良かった!ただせっかくなのでよりふっくらさせるため、乾燥機にかけてみたいと思います。

 

⑤洗濯機で乾燥

乾燥機に入れる時も、脱水する時と同様に

  • ファスナー各種をしっかり閉める
  • 洗濯ネットに入れる

事が大切だと思います。後は一番短いコース(うちの洗濯機では30分)回します。

乾燥が終わったダウン入り洗濯ネットはこんな感じ。

f:id:toutsuki:20190325181804j:image

入れた時より心なしかふっくらしています。もちもち。クッションみたいでテンションあがりました。

 

仕上がり

手洗いを終えたダウンがこちらです。

f:id:toutsuki:20190325181840j:image

f:id:toutsuki:20190325181900j:image

ちゃんとふわふわしています!生地も裂けていません。

一番洗いたかった襟首周りの汚れも落ちました。襟汚れ用の洗剤でがしがし洗いましたが、特に首周りだけぺしゃんこになっているということもありません。無事洗えたということでしょう。

 

終わりに

ということで、ユニクロのウルトラライトダウンは意外と簡単に自宅で洗うことができました。もちろん普通のニットなどよりは手間が掛かりますが、「ダウンを洗う」という言葉から感じる大変そう・面倒そうなイメージよりははるかに楽ちんだと思います。

注意点は何度か書いている通り、

  • 中性洗剤を使用
  • ダマにならないよう干す前によく振りさばく&叩く
  • 乾燥機にかけるとよりふっくら
  • 洗濯機利用時は洗濯ネットを使用
  • ファスナーは閉めて、生地が切れない様注意を

といったところです。

手頃な値段で手に入れたウルトラライトダウン、自分で洗えるとお得感がより一層高まります。よかったらチャレンジしてみてください。