とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。DIY・節約・ミニマリストのあれこれ。

VAIO「VPCSB28FJ」のHDD交換①HDD交換が必要と知る

2017年の冬、ノートパソコンのHDDを自分で交換しました。「HDDってなに?」というパソコンド素人ながら、新しいHDDの購入→取り外し→取り付け→セットアップ→各種インストールを無事に行うことができました。当時やり方をまとめたルーズリーフとExcelファイルを発掘したので、記念に書き残しておこうと思います。

普段投稿しているミニマリスト関連の記事とは全く異なりますが、そもそもこのブログを立ち上げたのがこの記録をオンライン上に残しておきたいと思ったからであるため、しばらく書いていきたいと思います。どうぞお付き合いください。

f:id:toutsuki:20181028215345j:image

 

VAIO「VPCSB28FJ」のHDDを交換してみたシリーズー

 ①HDD交換が必要と知る ←今回

 ②HDDのお勉強

 ③内蔵HDD調査&購入&リカバリー方法確認

 ④HDD交換とリカバリー

 ⑤Windows UpdateとVAIO Update

 ⑥不要ソフトのアンインストール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ーこのページの目次ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

HDD交換が必要と知ったきっかけ

そもそものきっかけは、2017年夏にパソコンのモーター音がすごかったことからでした。普通、パソコンのモーター音が特別大きいのは、起動時やCD・DVDを再生しているときくらいではないでしょうか。私のVAIOはちょっと使うとすぐに「きゅいーーーん」と鳴り続けていました。昔はこんなんじゃなかったよね…?

ネットで調べると「夏の暑さでパソコンが熱くなり過ぎているからでは」という意見(確かにクーラーの効いた部屋だとまだマシだった)が多い中、「ファンにほこりが溜まっているのでは」という意見もありました。確かにファンがうまく動かないとパソコン内部を冷やす力が落ちて熱くなり、モーター音も大きくなりそう。でも自分で掃除するのはリスクが高い…。

そんなとき近隣のPC DEPOTがパソコンの内部クリーニング・内部点検をやっていると知り、お願いすることにしました。写真データなど消えたら困るものだけUSB等にコピーを取ってバックアップ、PC DEPOTにクリーニングと点検を依頼しました。2016年7月当時で4320円。

数日後、受け取りに行った時に店員さんに言われたのが「内部クリーニングをしました。確かに埃も溜まっていて取り除きましたが、HDDが痛んでいるようです」「このままではいずれパソコンが動かなくなる可能性があるので、HDDを交換した方がいいです」ということ。ここでHDDの交換が必要だと知りました。

 

PC DEPOTの見積書

内部点検結果と共に、HDD交換する場合の見積書も頂いたのですが…お値段たしか数万円。見積書を捨ててしまったので詳しくは覚えていないのですが、「この金額を出して交換するなら新しいパソコン買った方がお得じゃない?」と思った記憶があります。とりあえず今は使えるしいいか、と思いひとまず帰宅。ただいざという時どうするか、HDDとは何か?どうすればいいのか?等々を調べながら過ごしました。

 

秋頃からエラー頻発

夏にはまだ大丈夫、と思っていましたが、秋頃から画面にエラー表示が出るようになりました。色々出ていて順番は忘れてしまいましたが、はっきり「やばい」と感じたのは「S.M.A.R.T.エラー(と勝手に呼んでいるもの)」が出始めたころから。

パソコンの電源を入れると「S.M.A.R.T. Hard Drive detects Error…」と英文が表示されるのです。以下のページのような画面です。

S.M.A.R.T. Hard Drive detects Errorと表示されて起動しない | イーハンズPC修理ブログ 秋葉原・新宿・池袋の修理店

何らかのキーを押せばそのままWindowsが立ち上がるのですが、調べるとやはりHDDがおかしいとのこと。段々とWindowsの立ち上がりや、立ち上がったあとの動きが遅くなっていきました。

そしてWindowsを立ち上げ使っている最中にも「ハードディスクの問題が検出されました」というポップアップが出るように。以下のページのような画面です。

121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 014463

「後でもう一度確認メッセージを表示する」をクリックし続けながら、だましだまし写真のバックアップを取り続けました…。

 

HDDを自分で交換することを決める

HDDの交換が必要になった場合どうするか?は少しずつ調べて考えていました。

一番いい、というか楽で確実なのは、見積書をもらったPC DEPOTで修理してもらうこと。餅は餅屋、ベストな方法でやってくれるでしょう。ただ値段が高い。パソコンが買って1年の最新モデルならば検討したと思いますが、私のノートパソコンは2011年12月に10万円で購入して5年間使用したもの。数万円の修理費を出すなら新しいものを買った方がお得だと思いました。

一方値段が安く済む方法としてHDDを自分で交換がありました。パソコンに詳しい人にとっては簡単だそうですが、私はHDDとは何かも知らなかった素人。壊さずに交換できるのか…?は非常に不安でした。

ただ、上記の通り修理依頼をすると価格が高く買い替えも検討されるレベル。「ダメ元で自分で交換してみて、壊れちゃったら買い替えすればいいんじゃない?」と思い至りました。この時点でパソコンは「S.M.A.R.T.エラー」が出ていたので、急いで準備を始めました。

こうしてパソコン素人の私がダメ元でHDD交換に挑むことになりました。

 

続き→VAIO「VPCSB28FJ」のHDD交換②HDDのお勉強 - とうつきの備忘録 

 

※免責事項※

※2年前に書いたルーズリーフとExcelファイルから書き起こしています。当時の私は理解していても、現在は忘れてしまっている部分も多いです。また、間違っている部分もあるかもしれませんがご了承ください。

※パソコン内部をいじる場合はメーカー保証が利かなくなるなど問題もあります。実施する場合は自己責任でお願いします。このブログを参考にされて何らかの問題が起きても責任は負いかねます。私もパソコンを壊す覚悟でやりました。