とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。DIY・節約・ミニマリストのあれこれ。

「まず収納を捨てるべき」は正しいと思う

「物を減らしたいならまず収納用品を捨てましょう」「収納用品は断捨離の敵」なんて意見をよく見かけませんか?私はこの考えに大賛成です。収納用品を潔く捨ててしまうのが、一番手っ取り早く物を減らす方法だと感じます。

今回はこの考えに至った、収納用品を処分→物を減らした体験談をまとめます。

 

f:id:toutsuki:20181024201601j:plain

photo by ぱくたそ-フリー素材・無料写真ダウンロード

 

 

 

処分したもの①天井収納

処分したのは大学生の時です。実家の子供部屋なのですが、天井に壁から張り出した収納があったんですね。奥行き半分の天袋が前に飛び出している感じでしょうか。

ずっと何の疑問も持っていなかったのですが、大学生の頃ふと、下に支えのない、壁から張り出した収納が怖くなりました。しかも家具の配置上、棚の真下で寝ていたんですよね!かなり収納力があったので卒業アルバム、定期テストの束、ぬいぐるみ、綺麗な箱や袋、当時ハマっていた手芸工作の材料…など何でも入れていました

もし夜中に地震がきたら…?ちょうど地震が多かった時期で家全体の耐震性を見直すことになり、合わせて天井収納も取り払ってもらうことにしました。

そうすると、これまで詰め込んでいたものを何とかしないといけません。どうしようかと取捨選択を繰り返すなかで、結果的にはほとんどの物を捨てました

椅子に乗らなければ届かない場所に置いたものって、ほとんど使わないんですよね。収納する場所があるから高得点だった定期テストの束や、使うあてもないお菓子の箱を取っておけた。でもこれらはいざ収納場所がなくなるとなれば「じゃあ捨てるか…」と思えるものでした。

もちろん捨てなかったものもあります。それらは既存の収納場所を整理・不要なものを捨てることでできたスペースにしまいました。例えば卒業アルバムや卒業証書は、別の部屋の押入れを整理し、幼稚園時代の工作(取ってあることに驚いた…)を捨てて作ったスペースに置きました。一部の小物は当時持っていた大きめの本棚の読まない本を処分して、箱にまとめて置きました。

当初は「あんなに沢山の物が入っているのだから、子供部屋の床が物で溢れかえるだろうな…」と危惧していたのですが、最終的にはほとんどの物を捨て、捨てたくないものは別の場所を整理することで収納できました。

 

処分したもの②学習机の本棚・引出し

これも処分したのは大学生の頃です。小学2年生の時に買ってもらった学習机。机の上には備え付けの本棚、机の下にはキャスター付きの3段引出しがありました。

これも①と同じく普通に使ってきたのですが、ふと「わざわざ机の上に本棚なくても良くない?」「最近物が減ってきたし引出しなくても何とかなるんじゃない?」と気づきました。

本棚は別に持っているので教科書なども収納に問題なし、むしろ机の上が広くなってすっきりしそう。引出しもかなりガラガラの状態で使っていたので少し減らせば入りそう。

何とかなりそうと思ったこと、①で全て収納できた経験を鑑みて、この時は収納場所を確保する前に粗大ごみに出しました。残った机本体の上には、しばらく教科書や引出しの中身が積み上がりましたが、次第に処分または各所へ収納されて無くなりました

 

処分したもの③本棚

これは社会人になってからのことです。胸くらいの高さの本棚兼飾り棚をふたつ持っていました。どちらも普通に使っていたのですが、ある時片方の本棚の裏面が真っ白にカビました。通気性が悪くて結構色んなものがカビるんですよね、うち…。何度拭っても、しばらくすると決まった方だけカビる…。

5回目くらいに、カビに気付いたその場で本を全て出し、本棚を屋外に持って行きました。粗大ごみ決定です。

これはかなり突発的に捨てたので、しばらく本とプリントの山ができました。②で捨てた引出しがあった場所に別の部屋から持ってきたカラーボックスを置いてみたり、洋服ダンスの上にファイルボックスを重ねてみたり…。どうしてもしまい切れないものは「本当にこれ必要…?」と問いかけ処分していきました。①②よりは時間は掛かりましたが、ちょこちょこ整理するなかで、やっぱり何とか収まりました

 

(番外編)缶、箱、ファイル、カゴ…

ここまで大物ばかり書いてきましたが、もちろん小さな収納用品も同様に「収納を捨てれば物が減る」と思います。代表的なのはお菓子の缶・箱。かわいい缶って捨てづらくないですか?「勿体ないし捨てられないな。何に使おうかな。」なんて考えて、対して必要なものは入っていないお菓子の箱、ありませんか??…私はあります。

かわいい箱は特に、外側の箱を所有するために中の物があるように思います。大切なのはその缶・箱を取っておいてもいいという自分を納得させる理由で、中が何であるかはあまり関係ない。いざ、その缶・箱を捨てるとなったら中身は処分できたり、全く別の場所に収納しても困らないということになりそうです。私は結構こんな感じで、たくさんの缶・箱を中身とともに処分しました。

ただ、お菓子の缶・箱は、お菓子を買ったり貰ったりするとついてくるんですよね!毎回悩みます。そして処分したり、処分できなくて取っておいたりしています。これが番外編なのは、処分したことはあるものの、その後も手に入れては悩み続けているからです。

「棚なんていきなり捨てられない」という方はこういった小さなところから始めると、「しまう場所がなくなれば物が少なくなる」ことを実感できるかもしれません。

 

収納を捨てれば物がなくなる

以上のように、収納場所があればしまい込んで終わり、でも収納用品を捨てると「いまある場所に何とか収めなくては」という心理が働き、片付けや物を手放すことが捗りまさた。改めて「その物は本当に必要なのか?」を、厳しめの目線で考えることができ、結果として物が減るのだと思います。

残った収納場所に収めないと、部屋が物で溢れかえりますからね。これまで捨てたくないと考えていたものも、山となって目障りな場所にあると「ここにこうやってまで取って置きたいものか?」「いや邪魔だ、捨てよう」と思い直した経験が数多くあります。

「すぐに棚なんて捨てられない!」という場合は、カゴひとつ、ファイルひとつ、お菓子の箱ひとつからでも。物をしまう場所から見直してみると、片付け作業が捗るかと思います。私も改めてお菓子の箱と向き合ってみます。

最後までお読み下さりありがとうございました。