とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。DIY・節約・ミニマリストのあれこれ。

「MILLION SL40」を使って自転車のサビ取り

今回は自転車のサビの落とし方のまとめです。我が家の自転車置き場は屋外。今は一応自転車カバーをかけていますが、昔は雨ざらしでした。今もたまにかけ忘れて風雨に曝してしまいます。そうすると金属部分が錆びる錆びる。見た目があんまりなのでたまにサビ取りをしています。
f:id:toutsuki:20181008183212j:image

 

 

私の自転車

いわゆる軽快車。ママチャリみたいな安いやつで、近所の自転車屋さんで2万円くらいのものを買いました。3年ほど乗っています。ブレーキを掛けるとキキーッと音が鳴るのがちょっと恥ずかしい。

錆び方はこんな感じ。半年以上放っておいたのでかなりオレンジ色になっています。
f:id:toutsuki:20181008183226j:image


f:id:toutsuki:20181008183250j:image

 

サビ取りの方法

色々方法はあると思うのですが、私はこの「MILLION SL40」を使っています。

f:id:toutsuki:20181008183308j:image
やはり近所の自転車屋さんで買いました。2年前くらいに特にこだわりなく購入し、現状問題ないので使い続けています。値段は覚えていないのですが、Amazonで調べると1000円しないようですね。

ちょうど今くらい錆びていた購入当時、店員さんに「軽いサビなら落ちるけど、お姉さんのは結構錆びてるから完全には落ちないよ」と言われました。がっつり錆びていますもんね…。それでも、ちょっとでもマシになるならと購入しました。裏面に「なお、本剤使用後は短期防錆効果があります」と書いてあるので、別途サビ止め剤を買わなくてもいいかな~と思えるのも嬉しいです。

使い方は簡単。①水でしめられた布にサビ取り剤を少し出して、②錆びているところをゴシゴシ拭き、③水で洗い流すか綺麗な布で拭くだけです。

f:id:toutsuki:20181008183325j:image

写真は使い古してウエスとなった靴下です。

  • 細かいところを拭くので大きすぎないサイズ感
  • ザラザラのサビを落とすことに耐えられる厚さ

があり、綿製の靴下がちょうどいいと思っています。薄い布の場合は何枚か重ねましょう。これでひたすら、錆びたところを擦っていきます。あまり力を入れなくても落ちるサビは落ちます。頑固なサビは何度かサビ取り剤を追加しながら擦っていきます。

終わったら水洗いか綺麗な布で拭きます。今回はホースで水をかけて洗い流し、ざっくりと拭いてみました。

 

サビ取りの成果

こんな感じです。
f:id:toutsuki:20181008183343j:image

f:id:toutsuki:20181008183532j:image

よく見るとまだまだザラザラしているのですが、見た目はかなり綺麗になりましたよね!今まで他の自転車と並んだマイ自転車を見るたびに「サビてるな~」「みすぼらしいな~」と思っていたので、すっきりして嬉しいです。

 

サビ取りの注意点

  • サビ取り剤にも色々あるようです。これは裏面に「瞬間にサビをとる水溶性サビトリ剤です」と書かれています。おそらく何らかの成分でサビを溶かしつつ、中に入っているザラザラで研磨してサビを落としているのではないかと思います。サビ取り剤には「サビを溶かすだけのもの」「サビを削るだけのもの」など様々な種類があると思います。どうやって使うのかはよく説明書を読んだ方がいいと思います。
  • 研磨するので細かい傷を作っています。そのままだとより一層錆びます。私は「MILLION SL40」に防錆効果があると書いているのを信じて、あと正直面倒なのでこれだけで済ましていますが、本来は防錆オイルなどを湿布するべきなのだと思います。これもお使いのサビ取り剤の説明書を読んで対応してください。
  • サビを溶かす成分やサビを落とす研磨剤が入っているため手が荒れる可能性・サビを削るうちに布が破れてザラザラのサビで手を傷つける可能性があります。軍手やゴム手袋を使うといいと思います(私は素手でやっていますが笑)・

 

まとめ

屋外に置いている自転車はなかなか気に掛ける機会が少なく、改めてよく見るとかなり錆びてる…ということも多いと思います。私のように平日自転車に乗らない方はなおさらでしょう。若干面倒ではありますが、少しの手間でかなりきれいになりますし、すっきりするので楽しいですよ!これからもちょこちょこサビ取りにいそしみたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。