とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。DIY・節約・ミニマリストのあれこれ。

雨漏りで思い出すミニマリストになりたい理由

台風24号。猛烈な勢いで各地に影響を及ぼしましたね。私の部屋ではここ最近雨漏りが発生していて、今回の台風でもがっつりやられてしまいました。その対応をする中で、最近忘れがちだった「ミニマリストになりたい理由」をしみじみと思い出しました。つまり、私は「素敵な生活がしたいから」ミニマリストを目指しているのではなく、「面倒なことを減らしたいから」ミニマリストを目指しているのだ、ということです。


f:id:toutsuki:20181003234210j:image

 

 

 

今回の雨漏り

雨漏りは主に私の部屋で起きています。隣の部屋との境である引き戸の上からぽたっ…ぽたっ…と落ちてくるのです。多少の雨なら大丈夫なのですが、台風のように強い風が伴う大雨では必ず起きます。この雨漏りを止める工事までのやりとりは家主に一任しているので割愛。直るまでは毎回洗面器とタオルで受け止めている現状です。

今回も絶対雨漏りするだろうと、事前に洗面器とタオルを用意していました。雨脚が強くなりぽたっ…ぽたっ…という音がしてきて「あぁタオルが吸収しているな~」と思っていました。しかししばらくするとぽつっ…ぽつっ…と跳ねるような音が混じってきたんですね。もしかしてタオルを敷いた洗面器以外のところ、床なんかが濡れていないか??と確認してみると…

背の低い本棚の左端と、その上に置きっぱなしだった化粧品に雨が降り注いでいました。

 

濡れた物たちの撤去

今まで雨漏りがその範囲にまで及んだことはなく、すっかり油断していましたが、確かに本棚は雨漏り発生箇所の引き戸の近くにありました。

慌てて濡れた化粧品をタオルで拭いたのですが、朝使ったものを一式放置していたので結構な量があり、それを一つ一つ拭いていく羽目になりました。

また、濡れていた本棚の左端も拭いて洗面器を置きましたが、依然として続く雨漏り。しかも時間は夜更け過ぎとなっていて、今後風雨がさらに強くなり本棚の右端部分まで雨が垂れるようになった場合、寝ている間に本棚がびしょぬれになる危険がありました。そのため本棚を濡れない位置にまで動かそうと思ったのですが…なにせ本棚、重いです。以前より量は減り半分以下となりましたが、中身ごと持ち上げられる重さではありません。仕方なく文庫本や漫画、プリント類を抜き出してから持ち上げて移動、移動先で再度詰めなおすという作業が必要でした。

今回の出来事の感想は一言「めんどくさっ」です。そもそも化粧品を放置しなければ、一つ一つ拭く作業は必要ありませんでした。最近化粧品BOXが雑然としていて仕舞うのが面倒に思っていて放置してしまいました。また、本棚の中身が少なければ、より軽々と移動できたでしょう。もちろん一番悪いのは雨漏りですが、それが起きた時の復旧作業は、物が少なければもっと簡単だったな、と思うのです。

 

面倒くさいのは嫌だ

思い返せばこの考え方こそ、私が物を減らしたい、ミニマリストになりたいと思った理由だと思います。

・可愛いものが好きで昔はたくさん飾っていたけど、置物が多いと掃除が面倒で次第に減った。

・本も好きだけど本棚いっぱいに持つと入れ替え作業が大変。積読になってしまう本があるのも心の負担。

・服を減らしたのはおしゃれになりたいからではなく、管理を楽にしたかったから。系統の似た多すぎない服であれば選びやすく、中々着られない服が出来て頭を悩ませることもなく、衣替えも楽。

・たくさんの化粧品や文房具は使いきれない。

・収納いっぱいに物を持つと片付けが面倒だけどゆとりを持てば楽かな?

「作業を簡単にしたい」、「管理をわかりやすくしたい」、「読みきれない・着きれない・使いきれないものは負担が大きい」といった身体・頭・心の「面倒くさいことを減らしたい」という気持ちが、ミニマリストに目覚めたきっかけの一つだったのだと思い出しました。

 

ミニマリストになりたい理由は人それぞれ

ミニマリストって「少ないもので豊かに暮らす」というイメージがあります。「物を減らしたことによって生まれた時間を有意義に使いましょう」とか「充実した毎日を送りましょう」とか。

それも素敵ですし憧れはあるのですが、私は「有意義な時間」とやらを上手く使えません。浮かせた時間で特別やりたいこともなく、ふと「何のために物を減らし手間を減らしているんだっけ?」と思ってしまうこともあります。

ただ私がミニマリストになりたいと思った理由の一つが「面倒くさいことを減らしたい」だったことを思い出せば、その時間でなにをやりたいかなんて気にしなくて良いと思えます。「面倒なことは嫌だ。物が多いと面倒なので減らそう」というシンプルな考え方でいいんだな、と思えます。手間を減らしてその代わり○○がしたい、ではなく、手間を減らしたい以上。

ものぐさゆるミニマリスト、そんな感じでいいんじゃないかと気付かされた雨漏りでした。あぁでも早く直らないかな。