とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。DIY・節約・ミニマリストのあれこれ。

パーティーバッグのチェーンを交換しよう

結婚式などに持っていくパーティー用バッグ。小さなサイズで可愛らしい一方、けっこう壊れやすかったりしますよね。

私はチェーン取り外し可能な3wayバッグを持っていましたが、以前チェーンがぶちっと千切れてしまいました。チェーンなしでクラッチとして使おうとも思ったのですが、片手がバッグで埋まるのは不便…。もう一度チェーンバッグとして使うことに決めました。

今回は

  • バッグ用チェーンの探し方
  • チェーンと金具を購入しDIYする方法

などをまとめます。 

f:id:toutsuki:20180908220147j:plain

 

 

 

どんなバッグだったか

 これです↓

item.rakuten.co.jp

基本クラッチバッグ型で、フタの裏に金具がついており、ここにチェーンを通すと下げられるようになります。1連でショルダーバッグに、2連でハンドバッグになる便利な3way仕様でした。

なおチェーンが千切れたのは、電車のドアに挟んだりそれを無理矢理引っ張ったりしたからです…。ごめんねバッグ…。決してこのバッグのチェーンのつくりが甘いとかではありません。

 

バッグ用チェーンを購入するには

パーティー用バッグのチェーンは単体でも売っていると思いました。ただ正式名称がいまいち分からないんですよね…。「パーティーバッグ チェーン」ではバッグ本体ばかりが出てきたり、「手芸 チェーン」ではアクセサリー用の細いチェーンばかり出てきたり…。付け替え可能なバッグ用チェーンが一番出てきたのは「ショルダー チェーン」で検索した場合だと思います。

search.rakuten.co.jp

太さ・色合いが希望と一致するかはよく説明を読まないといけませんが、思っていたより安価に購入できます。

 

バッグ用チェーンを直すには

おそらく売っているものを買った方が安上がりです。ただ、調べていくなかで「どうせなら自分で直してみたい!」とDIY精神が騒ぎました。もとのチェーンはわりと散り散りに千切れてしまったので修復は不可能ですが、チェーンと金具をバラで購入し繋げるくらいならできるのでは…。

修理に必要なもの

  •  チェーン…1m

www.kiwaseisakujo.jp

おそらくこれを貴和製作所にて購入。太さとしてはちょうど~もう少し太くても良かったかな、という印象です。これより細いと肩に食い込んで痛かったり、千切れやすかったりすると思います。ある程度の太さのものを選びましょう。

長さとしてもちょうど良かったです。元の通り、1連でポシェット、2連でハンドバッグになる形をイメージして購入しました。¥367-

  • フック…2個

バッグの金具につけるためのものです。手芸店で購入しようかと思いましたが、100均にそれっぽいものがありました。※写真は分解後です。

f:id:toutsuki:20180908220207j:plain

もとはフックが3つある、鍵を3つぶら下げられるキーホルダーでした。鍵をつけるフック部分が使えそうです。¥108-

  • Cカン…2個

チェーンとフックをつなげるためのものです。丸カンでも良いのですが、切れ目の部分に重圧がかかると重さに負けて開いてしまう可能性があります。引っ張られるのがCの上と下になるCカンがベストかと思います。ちょうど我が家にあったのでこれを使います。¥0-

  •  ペンチ

手芸用があればベストですが工具セットのものでも。我が家にあるものを使用しました。¥0-

 

修理のやり方

やり方は非常に簡単です。①ペンチでCカンを開け、②チェーンのはじっことフックをCカンに通して、③Cカンを閉じます。

反対側も同様にチェーンとフックを繋げ、⑤フックをバッグに繋げて、⑥完成です。

f:id:toutsuki:20180908220235j:plain

5分も掛からずに終わりました。特に難しい点もなく簡単です💮

 

チェーンを1連にすればショルダーバッグとして、こっちが2連にすればハンドバッグとして使えます(写真は2連の方)

f:id:toutsuki:20180908220147j:plain

 

まとめ

長らくどうしようか悩んでいたパーティーバッグのチェーン交換は、思っていた以上に簡単でした。価格も¥465-とお手軽!チェーンの選び方に迷いましたが、結果的にちょうど良くてよかったです◎ 購入して交換するならより一層簡単でしょう。

壊れたものの修理や交換はつい後回しにしてしまいがちですが、案外簡単に済むことも多いのだな、と改めて思いました。

修理したことでこのパーティーバッグには、一層愛着が湧きました。今後ともフル活用していこうと思います。

 


更新履歴

2018.9.8 誤って写真データを削除してしまったため、一部写真なしの記事に変更。